健康教室

最新記事

バックナンバー

お知らせ

2020年3月度及び2019年度の健康教室・出前授業の実績について

2020年3月度も山口ヤクルトの健康教室・出前授業にご依頼・ご参加をいただきまして、誠にありがとうございました。新型コロナウイルスの影響もあり、実施数は4回でした。

 



日頃のご愛顧に対する感謝の気持ちと社会貢献の一環として行っている健康教室・出前授業・美容教室ですが、2019年度の実績が487回、延べ参加人数17,041人となり、年間としての過去最高を記録しました。

 

振り返りますと、2012年に講師7名、メニュー数1つでスタートし年間31回だったものが、2019年度末で講師数76名、メニュー数11となり、実施数・参加者ともに右肩上がりで推移しています。これも、皆様からのご支援・ご依頼があってこその結果です。重ねてお礼申し上げます。

 

 




山口ヤクルトの健康教室・出前授業は、会場費以外全て無料でご利用いただけます。数名程度の集まりでもお伺いさせていただきますので、ご興味のある方はぜひ一度ご連絡いただけたら嬉しいです。

 

お問い合わせ先:0120-40-8960 山口ヤクルト販売(株)事業サポート課まで

 

詳しい情報は『山口ヤクルトの健康教室紹介ページ』でご確認ください。(クリックで移動)

 

乳酸菌飲料とヨーグルトはどう違うの?

お客さまからヤクルトレディが良く受ける質問のひとつに、「乳酸菌飲料とヨーグルトは何が違うのか?」というものがあります。たしかにどちらも乳酸菌が入っている乳製品ですし、飲むタイプのヨーグルトもあって違いが分かりにくいですよね!

 





そこで、今回はこの疑問にお答えします。



大まかに違いをいうと、無視乳固形分といって牛乳から水分と脂肪分を除いた成分(タンパク質、糖質、ミネラルなど)の量と乳酸菌数が違います



乳酸菌飲料は、大正時代にヤクルトの創始者である医学博士の代田稔によって生み出された発酵飲料です

 

現在では「乳等省令」という法律によって、無脂乳固形分が3%未満で菌数が1ml当り100万以上のものを「乳酸菌飲料」、無脂乳固形分が3%以上で、菌数が1ml当り1000万以上のものを「乳製品乳酸菌飲料」と定められています

 

また、乳酸菌が生きているタイプと殺菌されたタイプがあります。殺菌タイプは、発酵後加熱殺菌して保存性を高めたもので、そのまま飲むものと薄めて飲むものがあります。ヤクルト製品の「Newヤクルト」や「ヤクルト400」、「BF-1」などは乳製品乳酸菌で生菌タイプとなります。

 





 

一方、ヨーグルトは「発酵乳」です。「発酵乳」とは、「乳(牛乳、水牛乳、山牛乳、緬羊乳、馬乳など)またはこれと同等以上の無脂乳固形分を含む乳等を乳酸菌又は酵母で発酵させ、糊状又は液状にしたもの又はこれらを凍結したもの」と定められています。

 

ヤクルトの製品で言うと、ジョアやミルミル(飲むタイプのヨーグルト)やソフールが発酵乳にあたります。

 


 

「乳等省令」では、発酵乳の無脂乳固形分は8%以上、菌数が1ml当り1000万以上となっています。しかし、菌数に関して、「発酵後に75℃以上で15分間加熱するか、またはこれと同等以上の殺菌効果を有する方法で殺菌したものは、この限りではない」とも定められており、発酵したあとに殺菌した殺菌済み発酵乳というものもあります。

 

そして、「飲むタイプのヨーグルト」ですが、通常のヨーグルトを撹拌して液状にしたものなので、成分はヨーグルトとほぼ同じです。

 





 

ヨーグルトの方が無脂乳固形分が多く栄養素が豊富ですが、(ヤクルト製品の場合は)乳製品乳酸菌飲料の方が乳酸菌数が多いです

 

例えば、乳酸菌 シロタ株の生菌数ですが、ジョア(125ml)には12.5億個、ソフール(100g)には10億個入っています(1ml当り1000万の生菌数という乳等省令の規格のとおりですね

 

ところが、Newヤクルト(65ml)には200億個、ヤクルト400(80ml)には400億個も入っています。これは、Newヤクルトで乳等省令の規格の約31倍、ヤクルト400では、なんと50倍もの量になりますまた、ビフィズス菌(B.ブレーベ・ヤクルト株)が入っている発酵乳(飲むタイプのヨーグルト)のミルミルとミルミルS(100ml)ですが、こちらも生菌数が120億個と規格の12倍も入っています

 

 



ですので、ヤクルト製品の場合、生きた乳酸菌やビフィズス菌をたくさん摂ろうという方には「ヤクルト400」や「ミルミル」など、牛乳の栄養素であるたんぱく質やカルシウム、生きた乳酸菌をバランスよく摂りたいという方には「ジョア」や「ソフール」などがお勧めです

 

ちなみに、「Newヤクルト」や「ヤクルト400」、「ジョアプレーン」、「ソフール」シリーズは、どれも生きたまま腸内に到達する乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)の働きで、良い菌を増やし悪い菌を減らして、腸内の環境を改善し、おなかの調子を整える特定保健用食品となっています。どれも許可表示の記述は全く同じですが、菌数が多い方が、得られる保健効果は高くなる傾向にあります。



食品ですので、味の好みやで選んでいただいても全く問題ないのですが、乳酸菌をたくさん摂ろうとヨーグルトを選んでいる方や、なんとなくで乳酸菌を摂っているという方は、改めて商品の表示を見直してみてはいかがでしょうか。



 

2020年2月の健康教室・出前授業

2020年2月も山口ヤクルトの健康教室・出前授業にたくさんのご依頼・ご参加をいただきまして、誠にありがとうございました。

 

2月は小学校、いきいきサロン、老人保健施設、地域団体、愛飲者さま等で計35回、1,089名の方々にご参加いただきました。



山口ヤクルトでは、日頃のご愛顧に対する感謝の気持ちと社会貢献の一環として、出前授業や健康教室、美容教室の無料講師派遣サービスを行っております。

 

数人程度の集まりでもご利用できますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ先:0120-40-8960 山口ヤクルト販売(株)事業サポート課まで

 

詳しい情報は『山口ヤクルトの健康教室紹介ページ』でご確認ください。(クリックで移動)

2020年1月の健康教室・出前授業

2020年1月も山口ヤクルトの健康教室・出前授業にたくさんのご依頼・ご参加をいただきまして、誠にありがとうございました。

 

1月は保育園、幼稚園、小学校、いきいきサロン、老人保健施設、地域団体、愛飲者さま等で計36回、1,531名の方々にご参加いただきました。

 

それでは、実施した健康教室・出前授業の様子を、ほんの一部ですが写真でご紹介します。



山口ヤクルトでは、日頃のご愛顧に対する感謝の気持ちと社会貢献の一環として、出前授業や健康教室、美容教室の無料講師派遣サービスを行っております。

 

数人程度の集まりでもご利用できますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ先:0120-40-8960 山口ヤクルト販売(株)事業サポート課まで

 

詳しい情報は『山口ヤクルトの健康教室紹介ページ』でご確認ください。(クリックで移動)

【追記あり】乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取に新情報! 過剰なアレルギー反応を制御する免疫細胞の減少を抑制

乳酸菌「ラクトバチルス プランタルム YIT 0132」を含む発酵果汁飲料(以下、乳酸菌発酵果汁飲料)の継続摂取に関する新情報です。

 




以前、乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取で確認されていた「スギ花粉症症状を軽減する」作用の仕組みが、一部解明されました! なんと、過剰なアレルギー反応を制御する免疫細胞である「制御性T細胞」が減るのを抑えるのだそうです!

 

「制御性T細胞(Treg)」(以下、Treg)は、自己免疫、アレルギーおよび過剰な炎症反応などを制御する免疫細胞なので、免疫恒常性の維持に重要な役割を果たしています。


 





 実際に、試験の結果として以下の3点が示されています。

 

① 乳酸菌発酵果汁飲料を継続摂取したグループ(以下、乳酸菌発酵果汁飲料群)は、乳酸菌 LP0132 を含まない果汁飲料を継続摂取したグループ(以下、プラセボ群)と比較して花粉飛散時初期のスギ花粉症症状が有意に軽減された

 

② プラセボ群では摂取期間中にTregが有意に減少した。一方、乳酸菌発酵果汁飲料群ではプラセボ群に比べてTregの割合が有意に高値を示し、Tregの減少を抑制した

 



③ 乳酸菌発酵果汁飲料群の中で、摂取前に比べて摂取期間中にTregが増加した被験者群では、 Tregが減少した被験者群に比べて鼻症状(鼻づまり、鼻水、くしゃみ)が軽減した



ちなみに、乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取では、「スギ花粉症症状を軽減する」ことの他に、「軽度のアトピー性皮膚炎患者の症状を軽減する」こと、「軽度の通年性アレルギー性鼻炎患者の症状を軽減する」ことが確認されています。




スギ花粉症や軽度のアトピー性皮膚炎、軽度の通年性アレルギー鼻炎でお悩みの方は、ぜひ一度、「乳酸菌 LP0132を含む乳酸菌発酵果汁飲料」を生活の質の改善にお役立てください。

 

詳しい内容は、ヤクルト本社のニュースリリースでご確認ください(クリックで移動)

 


 

【2020.3.10追記】乳酸菌発酵果汁飲料の“花粉症の症状を軽減する”研究成果をアニメーションでわかりやすく解説した動画が、YouTube「株式会社ヤクルト本社公式チャンネル」にて公開されています(約230秒)

 

URL : https://www.youtube.com/channel/UCzK0CSJ6CFk2t2ci2vWZu7A

 

2019年12月の健康教室・出前授業

2019年12月も山口ヤクルトの健康教室・出前授業にたくさんのご依頼・ご参加をいただきまして、誠にありがとうございました。

 

12月は保育園、小学校、いきいきサロン、老人保健施設、地域団体、愛飲者さま等で計18回、492名の方々にご参加いただきました。

 

それでは、実施した健康教室・出前授業の様子を、ほんの一部ですが写真でご紹介します。

 



山口ヤクルトでは、日頃のご愛顧に対する感謝の気持ちと社会貢献の一環として、出前授業や健康教室、美容教室の無料講師派遣サービスを行っております。

 

数人程度の集まりでもご利用できますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ先:0120-40-8960 山口ヤクルト販売(株)事業サポート課まで

 

詳しい情報は『山口ヤクルトの健康教室紹介ページ』でご確認ください。(クリックで移動)

 

維新150年記念事業にて公園マップ作成に協力!

12月20日(金)、下関市役所において、「維新150年記念@しものせき日和山」の寄贈式が行われ、弊社の大澤誠社長と日和山公園石碑マップ・石碑めぐりスタンプラリー用台紙作成に協力した熊野センターのヤクルトレディ北野さおりさん、小笠原みさこ社員が出席し、下関市の前田晋太郎市長へ寄贈しました。
 



この事業は、日和山公園の活性化と観光資源の発掘が狙いで発足され、一般社団法人山口県設備設計事務所協会さまの地域貢献事業として行われました。

実行委員長の國吉仁さまと日和山公園石碑マップスケッチや付近撮影などを行い、完成した日和山公園石碑マップなどの資料一式を弊社にも寄贈していただきました。

 

 



このマップには、町の歴史を探るための教育としても活用してもらいたいという思いも込められています。

山口ヤクルトは、これからも地域社会にお役立ちできる活動を積極的に取り組んでいきます。

※維新150年記念事業:維新発祥の地である本市の一体感の醸成や地域の活性化につながる、明治維新150年を記念する取組を実施する事業です。

ページトップへ戻る