健康教室

最新記事

バックナンバー

お知らせ

『大切なお客さま』

YLのお仕事を始めてから3年が経ちます。

 

私は、事業所が大半を占めており、初めは職場の方とどうコミュニケーションをとっていこうかとか色々不安がありました。

 

今では私が一日でも休むと「昨日はどうして休んだの?」とお客さまの方が気にして私に声を掛けて来られます。

 

「やっぱりあなたの元気な姿が見れないと淋しいわ。その元気な笑顔と真心を忘れんかったらあんたなら大丈夫よ!」と言って下さります。

 

職場でお会いした時だけヤクルトを買って飲まれていた方がある日私に「ぼくガンになったんだ。しばらく入院するから居ないよ。」と言われて、ある日その方から

 

電話が掛かって来て、「自宅にヤクルト届けてもらえないだろうか?」と言われました。

 

私はビックリしました。

 

その方は、ヤクルトが免疫力を高めてくれるんだということを良く知ってらっしゃる方で、奥さんが病院へヤクルトを持って行ってらっしゃいます。

 

昔、私がお話した事(ヤクルトについて)ちゃんと聞いて理解して下さってたんです。

 

1P(7本)だったのが2Pに増え、今では奥様も飲まれておられます。

 

 若くしてガンになられて、手術も2、3度されておられ、現在闘病中です。

 

 早く元気になってもらいたいです。

 

 

小郡センター Nさん

 

 

 

『この仕事をして良かった』

主人の知人が昨年胃がんの手術をして体調があまり優れないみたいだと主人が心配していました。

 

それを聞いた私が知人の所に行き話を聞くと、手術後も抗がん剤の治療をしており、鉄分が不足しているとの事でしたので、ミルミルSをお勧めしました。

 

「じゃあ飲んでみょうかぁ」と言って下さり、飲用を始められ飲用後2週間くらいで少し効果が表れてきたと聞きました。

 

「ミルミルSを飲み出して鉄分の数値が正常値までは戻らないものの、飲む前よりだいぶ上がったよ。それまで整腸剤を飲んでいたが、ほとんど飲まなくて良くなったよ。

 

本当にありがとう。」と言われた時は嬉しくなり、この仕事をして本当に良かったと思いました。

 

これからは、一人でも多くの方にヤクルトの良さを伝えられるように頑張ろうと思います。



 美祢センター Nさん

 

 

 

 

 

『地球温暖化対策パネル展に参加しました』


6月20日(月)~30日(木)までの間、シーモール下関において「CO2の見える化」と地球温暖化対策パネル展が開催されました。

Dsc01510_3

主催は、下関市・下関市地球温暖化対策地域協議会で、当社の取り組みが紹介されました。

Dsc01492

当社は、下関市の小学校等に緑のカーテンづくりを応援しています。

Dsc01461

また、

ヤクルトの空容器で水をきれいにするしくみのパネルも紹介されました。

Dsc01476 Dsc01508

「がんばろう日本」を合言葉に、今年は日本中で節電に心掛けましょうね。

私たちも東日本復興を応援します!!



『菌の科学性研修を受講しました』


7月16日(土)山口市のセミナーパークで開催されました。

菌の科学性研修会は、毎年ヤクルト本社の研究・開発に携わる研究員の方を講師としてお越し頂いています。

今年は、ヤクルト本社中央研究所副主席研究員の八重樫 隆先生にお越し頂きました。

Dscf2067

今回のテーマは、「プロバイオティクスと免疫」

プロバイオティクスって言葉よく聞くと思うんですが。

プロバイオティクスとは、宿主(人など)に良い働きをする微生物(乳酸菌)のこと。

元々イギリス学者が言い出した言葉で、この言葉は日本の「ヤクルト」から学んだ。と書かれています。

え~と、免疫には、敵と戦う3つの方法があるんそうです。

一つは、細菌やウイルスをまるごと食べてしまう。

二つ目は、ウイルスに感染した細胞やガン化した細胞を殺しちゃう。

三っ目は、抗体を作る。です。

これで私たちの体は守られているんだね。

Dscf2069 Dscf2071

しかし、免疫力はストレスや乱れた生活習慣で低下するそうです。

また、最新の研究で乳酸菌シロタ株には、NK(ナチュラルキラー)細胞を回復させる働きがあることが明らかになったんです!!

だから病気にかかりにくい体にするためには、免疫力を維持することが大事なんですね。

免疫細胞の半数以上が集まっている腸は、人体最大の免疫器官。

腸を健康にし、長生きに繋がることを「健腸長寿」と呼んでいます。

腸の健康が体全体の健康になるんだね。

今回も乳酸菌の科学性がよく分かりました。

ありがとうございました。



『順天堂大学 准教授 竹田和由先生の講演会がありました』


Imgp3557

6月10日(金)山口南総合センターで講演会がありました。

講演会には、当社の社員・ヤクルトレディに集まっていただきました。

タイトルは、「体を守る免疫の話」

体の中には、二つの免疫があり、自然免疫と獲得免疫があるそうです。

獲得免疫は、ワクチンなどを接種して抗体をつけるいわゆる「インフルエンザ」の予防接種が有名ですね。

自然免疫は、NK(ナチュラルキラー)細胞が代表される免疫細胞があり、がん細胞やウイルスを発見すると直ちに攻撃して退冶してくれます。

NK細胞が多ければ病気を予防してくれるんですね。

免疫細胞を活性化するには、規則正しい生活とバランスの良い食事を摂ることが大切なんですね

私たちは、これからもお客さまの健康のために自信をもってお勧めしま~す!

Imgp3566 Imgp3558



元気なウンチで病気に負けないゾ!


平川センター発

7月14日に山口エリアのYLさんのお子さんがお世話になっている

プティット山口ルーム(民間託児所)で、お子さん向け健康教室を開催しました。

008_8 015_2

紙芝居「おなかのやくそく」・・・「みんな~好き嫌いなく何でも食べましょうね!」

1歳児から3歳児位が中心でしたが、みんな一生懸命聞いてくれました。

.

引き続き、アニメ「小さなヒーロー」(おなかの中で悪玉菌と戦う乳酸菌シロタ株の

お話)を見ました。みんな、画面に釘徒けです。

005

「ヤックン がんばれ~」

最後は持って行った風船で、みんなと遊びました。                                                                                                                                                                                                 

029_2 025_2

追伸:終了後、先生から9月には、ウンチ育体操を教えてくださいとリクエストを

   頂きました。また、この度の健康教室に参加した妹さんから、「すご~く

   楽しかったよ!」って聞いたお兄ちゃんが「僕の保育園でもしてよ!」って

   紹介記事を保育園に持って行ってくれました。

   



『お母さん』

私には、沢山のお母さんがいます。

 

ヤクルトの仕事を始めて5年が経った頃、父を亡くし、母は一人で田舎に住んでいて、なかなか帰ってあげられなくて、今だ親孝行できずにいます。

 

そんな中、仕事を通じて私の周りには、沢山のお母さんがいます。私の事を我が子のように思って下さって、接して下さいます。

 

ある時、子育てに悩んで涙して相談したことがあります。

 

そんな時、お母さんもが涙して真剣に聞いて下さって、色々と話して下さいました。

 

私の子供の事も孫のように思って下さって、お雛祭りや子供の日などにわざわざお菓子を持って家まで訪ねて来て下さいました。そしてお伺いする度に、

 

私の家族の心配をして下さいます。

 

仕事なのだけれど仕事を超えていますね。「家族の一員と思ってもらえるような、そんな存在になりたい。」それが私の理想です。

 「お父さん!お母さん!」ずっとそう呼び続けたいです。

そして、田舎にいる母の事も、もっともっと大事にしていきたいです。

 

厚狭センター Oさん

 

 

ページトップへ戻る