健康教室

最新記事

バックナンバー

お知らせ

緑のカーテン植樹祭 in 花の海


4月23日(月)。前日の雨がウソのようないいお天気

バリのさえずる中、山陽小野田市埴生にある『花の海』にて、埴生幼稚園と津布田保育園の園児による緑のカーテン(ゴーヤ)の植樹祭が行なわれました

Dscf2333Dscf2337_2

会場では、第63回山口県植樹祭のキャラクター「やまりん」をはじめ、おなじみの

「ちょるる」や山陽小野田市のキャラクター「ねたろう」が園児をお出迎えDscf2342 

山口ヤクルトは県下の10市町村の緑のカーテン事業を応援しています

もちろん山陽小野田市にも。そんなわけで今回の植樹祭に呼んでいただきました

Dscf2346_3Dscf2350

まず、地球温暖化と緑のカーテンについてのお話を聞き・・・、

その後ねたろうと一緒にゴーヤについてもお勉強みんなおりこうさんです

Dscf2357Dscf2354_2

植え方についての説明の後、 親子で植樹ねたろうもお手伝い

Dscf2367

みんなで記念撮影

Dscf2379

参加者にはヤクルト400もプレゼント

Dscf2386_2

夏に向けて、ゴーヤの青々としたカーテンが出来るといいですね

できたゴーヤは山陽小野田市の食育教室で食材として使われるそうですよ

食べた~い

見ても良し、食べても良しのゴーヤ

皆さんも緑のカーテンでチャレンジしてみませんか



絆プロジェクト・続報~届け、私達の想い~


回の記事で、西日本のヤクルトグループが「想いを届けるプロジェクト」に取り組んでいることをお伝えしましたが、今回はその続報です

なんと、西日本のヤクルトグループの社内報『絆』第5号に当社ヤクルトレディの絆エピソードが掲載されましたしかも2名紹介されているエピソードが2つなので独占状態です。ちょっとうれしい

では、早速その内容をご紹介しましょう。

絆エピソード1

昨年3月11日に大震災があり、ヤクルトもなかなか入荷しなくなったときに・・・。毎日、子供にヤクルトを飲ませていたのですが、家にもヤクルトを持って帰ることができなくて、子どもに「ママ、なんでヤクルトないの?」と聞かれました。「遠くでね、地震があってヤクルトは今お休みなんだよ」と言うと、「知ってる!津波が大変なんだよね」「大変なんだから、我慢する」と言ってくれました。まだまだ小さい子どもと思っていたのに、そんなことが言えるなんて大きくなったんだなぁ、とすごくうれしく感じた言葉でした。(宇部西センター Oさん)

         

絆エピソード2

昨年3月11日の震災からしばらくしてからのお客様との会話です。TVで被災地の皆さんに届けられた救援物資の中にヤクルト400があったのをご覧になられ、「ヤクルトさんすごいね!たくさん届けられたね」と感動しておられました。そして「私たちは幸せやね、被災しなかったからではなく、何でもないことが幸せやね」と話して下さいました。これは誰もがふと感じたことではないかと思います。何かできること、今できることを精一杯してあげたいというお客様の気持ちに「同感です」と答えて、震えが来ました。お客様の気持ちと自分の気持ちが同じであったことを、いつまでも忘れないように心に刻んでおこうと思います。なんだかお客様との距離が近くなったように思いました。(宇部中央センター Fさん)
Img4130824160001_2 Img4130824270001_2
このブログを打つ前はちょっとはしゃぎ気味でしたが、二人のエピソードを打っているうちにじーんとしてしまいました
掲載されてはいませんが、お届けをしているすべてのヤクルトレディさんがそれぞれに「絆エピソード」を持っているんですよね
届けみんなの想い


彦島センター『宝物』

おはようございます

下にある写真は、彦島センターの宝物です

015

これはと言いますと、

お客様からヤクルトレディに対し頂いた、

『ありがとう』や『御苦労さん』のお手紙です

お手紙を頂いた時、

ヤクルトの仕事に対し誇りを持つことができ、

見直した時、誇りを取り戻すことができます

ヤクルトレディさんのやりがいの大きな一つは、

感謝される事によって、

感謝ができる事だと思います

頂いたお手紙を読むと

ベクトルが自然とお客様の方に向くのです

自分に向いたベクトルや、

お金に向いたベクトルよりも、

幸せな事だと思います

今日もとても気持ち良い天気です

普及行ってきます

 

こんな活動もしております~日頃のご愛顧に感謝~


Imgp4508 Imgp4492_4

皆さんはこのバッジをご存知ですか

これは、東日本大震災で被災された東北の方を応援するために立ち上がった「想いを届けるプロジェクト」のバッジなんですよ

 被害の少なかった西日本のヤクルトグループ(販売会社33社、ヤクルト本社西日本支店)において、被災した子どもたちの未来を明るく照らすために始まりました

 お客様からいただいた代金の一部を寄付金として、東日本大震災で被災した子どもたちを支援するためにお贈りしております

 寄付先は、『いわての学び希望基金』、『東日本大震災みやぎこども育英募金』、『東日本大震災ふくしまこども寄附金』の3か所となっています

Imgp4504 Imgp4503

西日本のヤクルトグループの社内報『絆』第4号。

被災地で頑張っている方からのメッセージなどが載っています。

 このような活動が出来るのも、ひとえに皆さまの日頃のご愛顧があってのことです

 本当にありがとうございます 感謝、感謝です

 これからも皆さまのお役に立てるよう従事者一同がんばってまいります

 



彦島センター『おすすめ☆』

今日は、山口ヤクルトのホームページでおすすめのページです★

ヤクルトレディの現場の声や思いが沢山つまっています

ヤクルトレディとして働きたい方はもちろん、

仕事に対し行き詰ってたり、

やる気が出ない方にもおすすめです

 

017

 

山口ヤクルト『感謝の気持ち』

http://yamaguchi-yakult.blog.ocn.ne.jp/yakult02/2011/08/post_9243.html

 

ページトップへ戻る