健康教室

最新記事

バックナンバー

お知らせ

ウン知育の輪!・・・広がります!!


こんにちは !! すごく久しぶりの4課(萩・阿武・美東・長門地区を担当する課)からのブログ投稿です。


昨年11月に長門市の藤中地区で“ウン知育”をさせていただいたのですが、その時にいらした社協の方のおすすめで2月に、日置地区(2/2)、油谷地区(2/10)、長門地区(2/19)、三隅地区(2/20)と、いずれもサロン長さんの集会に呼んで頂きました


どの会場でも興味をもって頂き、さっそくサロンにて開催してほしいと、オーダーがありました。


私たち4課スタッフも久しぶりの“ウン知育”でかなり緊張しましたが、健康について考えて頂ける機会になれたことが何より嬉しかったです。


うんちは私たちの健康状態を教えてくれる大切なバロメーターです


だからこそ、日頃から興味をもって観察することが大切だし、いいうんちがどんなものか知って貰いたいです。中には今回が3回目の方もいらっしゃいましたが、 クイズではなかなか苦戦されてましたやはり1回、2回聞いただけでは・・・


これからも“ウン知育”の輪をどんどん広げて、みなさんの健康生活のお役に立っていきたいです


 


 


 


 



ヤクルトの出前授業が文科省から表彰!


な、な、なんと 


ヤクルトグループの出前授業「おなか元気教室」「ウン知育教室」平成26年度「青少年の体験活動推進企業表彰」審査委員会奨励賞を受賞しました~スゴーイ!!


山口ヤクルトでも全国の販売会社と同様に、各地域や各学校で出前授業をさせていただいております(この記事を書いている私も講師をさせていただいております)


講師を担当しているものとしてはとても嬉しいニュースであると同時に、大変身の引き締まる思いしております


山口ヤクルトの講師担当一同、この賞に恥じない内容を提供できるようこれからも頑張ってまいりますよ(気合


ちなみに、当社の出前授業・健康教室の様子は、山口ヤクルトブログ「地域貢献」のカテゴリーでご覧いただけますので、ぜひ一度ご覧下さい。


また、当社への出前授業・健康教室のお問い合わせは、 フリーダイヤル 0120-40-8960 事業サポート課まで


お気軽にお問い合わせください


受賞の詳しい情報はこちらからご確認いただけます(ヤクルト本社のニュースリリースへ)



企業等社会貢献活動セミナーに参加


平成27年2月13日(金)、山口市にある山口県社会福祉会館にて、「平成26年度企業等社会貢献活動セミナー」が開催されました。


これは、県内企業の社会貢献の具体的事例を参考にし、県内における企業等の社会貢献活動の更なる充実と発展を促進することを目的としたものです。


当社は、県の社会福祉協議会さまから、平成26年度の「企業ボランティア推進モデル事業所」にご指定いただいたことから活動報告をする事となりました。活動報告では、同じく、今年度に指定を受けた光市の㈲星山商店さまもいらっしゃいました。



当社の活動報告では、事業サポート課の石永課長が企業ボランティア推進モデル事業所に指定された理由である、様々な社会貢献活動{地域(高齢者)見守り活動、出前授業、がん検診の啓発活動、清掃活動等}を紹介しました。


なぜヤクルトが???と思われるかもしれませんが、私たちの仕事はヤクルトレディをはじめ、地域に根ざした活動が基本です。人と人とのつながりを大切にすることによってはじめて成り立つ仕事です。


よく、生活関連事業者と呼ばれますが、決まった時間に決まったお宅にお伺いする私たちだからこそ気づく異変もありますし、信頼関係を築いてこそ伝わる大切なものがあります。そして、今、私たちのような存在が必要とされてきています。


今回のセミナーでは、社会貢献活動をする様々な企業さまの事例をたくさん聴かせて頂き、大変勉強になりました。


もっともっと情報を発信して、多くの方々に私たちの活動を知っていただければと感じたのと同時に、従事者1人1人の意識を高めていく必要性も感じました。


地域の方に選ばれる存在となれるよう、山口ヤクルトはこれからの社会貢献活動を進めてまいります。



ビフィズス菌が消化器と心理症状改善!


炎症がないのに、胃がもたれる、胃が痛む、便秘や下痢を繰り返す・・・


そして、それに伴うストレスでイライラ・・・


そんな症状でお悩みの方が今増えているそうです。


 


このような症状を機能性消化管障害といい、


特に、胃に不快な症状が表れるのは「機能性ディスペプシア」というそうです。


実際、消化器官を受診される方の約半数は、この「機能性ディスペプシア」なのだとか。


 


そのような方に朗報


B.ビフィダム Y株(ビフィズス菌)を含む乳酸菌飲料の継続摂取が、


機能性消化管障害及び心理症状を改善するという結果が出たそうです!!


 


機能性消化管障害は、いろいろな検査において異常が認められないことから、


患者さんが納得・満足し得るような自覚症状の改善が最も重要となるそうです。


また、患者さんの負担軽減、医療費削減という点からも、


食品を用いて症状を改善させることは望ましいと考えられるのだとか・・。


これは、試してみる価値大かもですよ!


 詳しい情報はこちらからご確認下さい(ヤクルト本社のニュースリリースへ)



山口県警と地域の安全対策で締結!!


ヤクルトレディが防犯の呼びかけをしますよ


2月3日(火)、山口市滝町の県警本部にて、山口県警県内のヤクルトの販売会社2社(山口県東部ヤクルト販売㈱、山口ヤクルト販売㈱)「地域の安全対策に関する覚書」の締結式が行われました


 


山口ヤクルト販売:長谷川正昭社長(左上)、山口県警:横道宏明生活安全部長(中央上)、山口県東部ヤクルト販売:山本公総社長(右上)


山口中央センター:玉川さん(左下)、同:山根マネージャー(中央下)、同:上野さん(右下)


これは、犯罪等の発生を抑止し、県民が安全で安心して暮らせる山口県の実現に貢献すること目的としたものです。


具体的には、地域をまわっているヤクルトレディが、お客さま(利用者)に対してチラシ等での注意喚起お声かけをすることで、お客さまの防犯の意識を高め、犯罪の抑止につなげますまた、事件や事故等を認知した際の情報提供も行います


ヤクルトの両社は、高齢者の見守り活動等も行っており、商品をお手渡しすることで、健康や安全の確認を行ってまいりましたが、この締結を機に、更に意識を高め、地域の方々の安心安全により一層貢献できるよう努力して参ります



ページトップへ戻る