健康教室

最新記事

バックナンバー

お知らせ

またまた医療現場でビフィズス菌BY株(B.ブレーベ・ヤクルト株)の有用性が明らかに!!


ヤクルトのビフィズス菌「ビフィズス菌BY株」(=B.ブレーべ・ヤクルト株)が、またまた大活躍です


小児の外科疾患患児における周術期感染症を抑制することや、腸内フローラの乱れを抑制すること、菌血症の予防に繋がることが明らかになったそうです


周術期とは手術の術前・術中・術後を含めた期間のことを指します。


腸内フローラとは、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とも言い、腸にすむ微生物の集まりを指します。菌の様子が花が群生している様子に似ていることからフローラ(flora=お花畑)と呼ばれています。約1000種類、100兆個以上の腸内細菌がいることがわかっています


菌血症とは、血液中に細菌が入り込んでいる状態を指します。病原菌の増殖が進むと敗血症になることがあるようです。


医療現場におけるプロバイオティクス(腸などに生きて届いて良いはたらきをする微生物やそれを含む食品のこと)の有効性を示す新たな知見として、大変興味深い内容でした


日々の業務でそんな凄い菌を扱えていることに、改めて感謝と責任を感じた次第です!従事者の皆さん、温度管理等を徹底していきましょうね~


ご興味のある方はぜひヤクルト本社のニュースリリースにて、詳細内容をご確認下さい。


ヤクルト本社のニュースリリースへのリンク



山口ヤクルト親睦ソフトバレーボール大会


7月9日(土)、山口ヤクルトのヤクルトレディさんが参加するソフトバレーボール大会が防府市のソルトアリーナにて開催され、総勢10チームが参加し熱戦を繰り広げました



日頃お届けで鍛えたヤクルトレディさんたちのパワー全開で、どの試合も見ごたえのあるものでした


優勝したのは長門センターの『みやもん連合』チーム、準優勝は防府中央センターの『べっぴん』チームでした。おめでとうございます


この2チームは、10/15(土)に広島市で開催されるヤクルトグループによる中国地区大会に出場します


皆さん、頑張って下さいね


また、今回の大会より、応援いただくご家族やお友達も参加できるイベントに変えていきたいとの想いから、日頃の感謝を込めて、応援の方にも飲料や昼食等を用意させていただきました


応援いただいた仲間のヤクルトレディさん、ご家族&ご友人の皆さま、本当にありがとうございました


来年は、飛び入り参加OKの混合チームで対戦できる親善試合を検討中ですのでお楽しみに~



ページトップへ戻る