健康教室

最新記事

バックナンバー

お知らせ

乳酸菌飲料とヨーグルトはどう違うの?

お客さまからヤクルトレディが良く受ける質問のひとつに、「乳酸菌飲料とヨーグルトは何が違うのか?」というものがあります。たしかにどちらも乳酸菌が入っている乳製品ですし、飲むタイプのヨーグルトもあって違いが分かりにくいですよね!

 





そこで、今回はこの疑問にお答えします。



大まかに違いをいうと、無視乳固形分といって牛乳から水分と脂肪分を除いた成分(タンパク質、糖質、ミネラルなど)の量と乳酸菌数が違います



乳酸菌飲料は、大正時代にヤクルトの創始者である医学博士の代田稔によって生み出された発酵飲料です

 

現在では「乳等省令」という法律によって、無脂乳固形分が3%未満で菌数が1ml当り100万以上のものを「乳酸菌飲料」、無脂乳固形分が3%以上で、菌数が1ml当り1000万以上のものを「乳製品乳酸菌飲料」と定められています

 

また、乳酸菌が生きているタイプと殺菌されたタイプがあります。殺菌タイプは、発酵後加熱殺菌して保存性を高めたもので、そのまま飲むものと薄めて飲むものがあります。ヤクルト製品の「Newヤクルト」や「ヤクルト400」、「BF-1」などは乳製品乳酸菌で生菌タイプとなります。

 





 

一方、ヨーグルトは「発酵乳」です。「発酵乳」とは、「乳(牛乳、水牛乳、山牛乳、緬羊乳、馬乳など)またはこれと同等以上の無脂乳固形分を含む乳等を乳酸菌又は酵母で発酵させ、糊状又は液状にしたもの又はこれらを凍結したもの」と定められています。

 

ヤクルトの製品で言うと、ジョアやミルミル(飲むタイプのヨーグルト)やソフールが発酵乳にあたります。

 


 

「乳等省令」では、発酵乳の無脂乳固形分は8%以上、菌数が1ml当り1000万以上となっています。しかし、菌数に関して、「発酵後に75℃以上で15分間加熱するか、またはこれと同等以上の殺菌効果を有する方法で殺菌したものは、この限りではない」とも定められており、発酵したあとに殺菌した殺菌済み発酵乳というものもあります。

 

そして、「飲むタイプのヨーグルト」ですが、通常のヨーグルトを撹拌して液状にしたものなので、成分はヨーグルトとほぼ同じです。

 





 

ヨーグルトの方が無脂乳固形分が多く栄養素が豊富ですが、(ヤクルト製品の場合は)乳製品乳酸菌飲料の方が乳酸菌数が多いです

 

例えば、乳酸菌 シロタ株の生菌数ですが、ジョア(125ml)には12.5億個、ソフール(100g)には10億個入っています(1ml当り1000万の生菌数という乳等省令の規格のとおりですね

 

ところが、Newヤクルト(65ml)には200億個ヤクルト400(80ml)には400億個も入っています。これは、Newヤクルトで乳等省令の規格の約31倍、ヤクルト400では、なんと50倍もの量になりますまた、ビフィズス菌(B.ブレーベ・ヤクルト株)が入っている発酵乳(飲むタイプのヨーグルト)のミルミルミルミルS(100ml)ですが、こちらも生菌数が120億個規格の12倍も入っています

 

 



ですので、ヤクルト製品の場合、生きた乳酸菌やビフィズス菌をたくさん摂ろうという方には「ヤクルト400」や「ミルミル」など、牛乳の栄養素であるたんぱく質やカルシウム、生きた乳酸菌をバランスよく摂りたいという方には「ジョア」や「ソフール」などがお勧めです

 

ちなみに、「Newヤクルト」や「ヤクルト400」、「ジョアプレーン」、「ソフール」シリーズは、どれも生きたまま腸内に到達する乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)の働きで、良い菌を増やし悪い菌を減らして、腸内の環境を改善し、おなかの調子を整える特定保健用食品となっています。どれも許可表示の記述は全く同じですが、菌数が多い方が、得られる保健効果は高くなる傾向にあります。



食品ですので、味の好みやで選んでいただいても全く問題ないのですが、乳酸菌をたくさん摂ろうとヨーグルトを選んでいる方や、なんとなくで乳酸菌を摂っているという方は、改めて商品の表示を見直してみてはいかがでしょうか。



 

2020年2月の健康教室・出前授業

2020年2月も山口ヤクルトの健康教室・出前授業にたくさんのご依頼・ご参加をいただきまして、誠にありがとうございました。

 

2月は小学校、いきいきサロン、老人保健施設、地域団体、愛飲者さま等で計35回、1,089名の方々にご参加いただきました。



山口ヤクルトでは、日頃のご愛顧に対する感謝の気持ちと社会貢献の一環として、出前授業や健康教室、美容教室の無料講師派遣サービスを行っております。

 

数人程度の集まりでもご利用できますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ先:0120-40-8960 山口ヤクルト販売(株)事業サポート課まで

 

詳しい情報は『山口ヤクルトの健康教室紹介ページ』でご確認ください。(クリックで移動)

ページトップへ戻る