健康教室

最新記事

バックナンバー

会社からのお知らせ

山口大学附属病院のNST研修会に講師を派遣

10月17日(火)、山口大学附属病院にて「第87回(平成30年度第7回)NST研修会」が開催され、山口ヤクルトからヤクルト本社中央研究所の講師を派遣しました。

 

NSTとは栄養サポートチーム(Nutrition Support Team)の略語で、病院が入院患者さんに最良の栄養療法を提供するために、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、言語聴覚士など職種を越えて構成された医療チームのことです。



当日は、23名の方にご参加いただく中、「人の健康における腸内環境の重要性」と題して講演しました。

 

腸内フローラについての基本的な情報から、プロバイオティクス(宿主に有益に働く生きた菌やそれを含む食品)、バイオジェニックス(生菌・死菌にかかわらず効果が発揮されるもの)と免疫に関する内容などをお伝えしました。特にバイオジェニックスに関しては、ヤクルトの保有する乳酸菌 “ラクトバチルス・プランタルム YIT 0132” による発酵果汁のアレルギー症状軽減効果を臨床試験データをもとに解説しました。

 

ご依頼いただきましたこと、また、弊社スタッフも研修として講演を聴講させていただきましたこと、誠にありがとうございました。

 

山口ヤクルトでは、今後も乳酸菌の可能性および必要性を伝える活動を通して、地域社会の健康づくりに貢献していきます。

 

平成30年度下期社員総会

平成30年10月13日(土)、ニューメディアプラザ山口にて「平成30年度下期社員総会」が行われました。



この総会は、当社の上期の進捗状況および下期の取り組み計画を確認し、 目標に向かい結束力を高めるために行うものです。その他、永年勤続表彰や優秀社員表彰なども行ってます。


 

はじめに新入社員紹介がありました。新入社員は5名です。

それぞれ自己紹介と抱負を述べました。今後の活躍に期待しています。



 

続いて、株式会社ヤクルト山陽 中野社長より来賓あいさつをいただきました。



 

そして、長谷川社長より講話があり、山口県を健康県№1に!

そのためにも日々の業務の中で気づく力が大切である!という強いメッセージがありました。



 

その後、優秀社員表彰がありました。

今回は、10名が表彰を受けました。受賞された皆さまおめでとうございました☆



最後に、各部門からH30年度上期報告と下期の取り組み内容が発表されました。

はじめに事業部門(宅配営業部・直販営業部・化粧品課)、続いて管理部門(事業サポート課・総務部)より発表がありました。

 

山口県の皆さまの健康づくりのために、日々貢献できるよう一丸となって頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!!

263名が認知症サポーター養成講座を受講!

2018年10月11日、山口市名田島の山口南総合センターにて、ヤクルトレディと社員263名が参加し認知症サポーター養成講座を受講しました。

これは、毎年開催している従事者のための研修「絆づくり研修会」の中で実施したものです。



ちなみに、認知症サポーターとは、認知症サポーター養成講座を受けた人のことで、講座を通じて認知症の正しい知識やつきあい方を理解し、自分のできる範囲で認知症の人を応援します。

認知症サポーターは認知症を支援する「目印」として、オレンジリングをつけています。



講師として、済生会山口地域ケアセンター養護老人ホーム福寿園の磯本智恵施設長にお越しいただき、認知症の種類や基本的な症状などをお話しいただきました。



認知症は誰もがなる可能性のある症状ですが、生活習慣や食事、運動などの生活習慣で予防ができたり、発症を遅らせることができるようです。また、早期発見から早期治療へつなることができれば、進行を緩やかにすることもできるようです。

 


また、福寿園の職員さんが、認知症の高齢者やそのご家族、ヤクルトレディに扮した寸劇もありました。



超高齢社会になった現在、私たちのような宅配事業者にとって、認知症についての正しい知識を理解し、偏見を持たず、温かい目で見守り、いざという時に適切な対応ができるということは、とても大切なことだと実感できました。

 



上の写真は、認知症サポーター養成講座の前に行われた、お客様との対応をより良くするためのロールプレイング(練習)ですが、

この様なロールプレイングは各センターで日々実施しています。

今回学んだ、認知症サポーターのポイントも取り入れて、今後実施して参ります。

 


山口ヤクルトでは、ヤクルトレディを中心に認知症サポーターを増やす活動をしていますが、今回の受講で認知症サポーターの数は119人増えて308人となりました。今後は常時300人超の態勢が保てるようにしていきます。

 

私たちの使命は「健康社会づくり」です。まだまだ、努力を重ねる必要がありますが、乳酸菌での健康づくりとともに、一企業市民として、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる社会に少しでもお役に立てるよう頑張ります!

KRY山口放送「ナビすた!」の収録がありました!


9月20日、周南市にある周南中央・周南西の両センターで、KRY山口放送の情報番組「ナビすた!」の収録がありました。



ヤクルトレディのお仕事についてご紹介する内容です。実際に働いているヤクルトレディの声が聴けますよ。



放送日は、2018年9月29日(土)の10:20~10:30です。

お仕事をお探しの方やヤクルトレディのお仕事に興味がある方は、ぜひチャンネルを合わせてご覧下さいね~。

 

山口ヤクルト健康フォーラムを開催しました!

平成30年9月8日(土)に、下関市民館において「おいでませ!ヤクルト腸活倶楽部~おいしく食べて笑ってチョーいきいき~」を開催しました。



今回の健康フォーラムは、下関市内の5センターのお客さまにご案内し、約350名のお客さまにご来場いただきました。

開会では、長谷川社長と担当のヤクルトレディでお客様をお出迎えしました。



前半は、料理研究家の浜内千波先生による講演で、「食卓からはじまる健やかな暮らし」と題して、健やかに過ごすための食事のアドバイスや乳酸菌の有用性について、わかりやすくお話しいただきました。



そしてスペシャルコーナーとして、1日に1kg以上の野菜を食べられるという浜内先生の1週間の献立の紹介や来場者からの質問にお答えいただきました。



後半はゲストステージとして、落語家の林家木久蔵師匠の軽快なトークに会場は大盛り上がりでした。



お父さんの木久扇師匠や笑点メンバーの話から、免疫や脳科学の話、はたまたご自身の学生時代の野球部の話など、多岐にわたる内容でしたが、どのエピソードも爆笑もので終始大きな笑い声が聞こえていました。お客様はさぞ免疫が上がったことと思います。



最後はグルメカタログがあたるお楽しみ抽選会。ヤクルトマンも登場し、とても盛り上がっていました。



来場者からは、「非常に有意義な時間を過ごすことができた」や「勉強になりました」「今後もヤクルト商品を愛飲していきたい」などのお声をたくさんいただきました。

たくさんの方にご来場いただきまして、本当にありがとうございました!



今回の健康フォーラムが皆さまの健康で楽しい生活づくりにお役にたてましたら幸いです

山口ヤクルトは、これからもお客さまに健康と幸せをお届けするためにスタッフ一同一丸となりがんばりますので、どうぞよろしくお願いします。

 

山口ヤクルトスポーツ大会

平成30年8月4日(土)、山口市の維新公園内のスポーツ文化センターにて、

「第2回 山口ヤクルトスポーツ大会」を開催しました。



競技はソフトバレーボールです。

ヤクルトレディチームが14チーム、社員チームが2チーム参加し、

全16チームで予選リーグ後(総当たり戦)、決勝トーナメントを行いました。

どのチームも優勝を目指して、熱戦を繰り広げました。



優勝は、長門センターのチーム「長門ブラック」でした。

2連覇おめでとうございます☆!!



今大会も、怪我・事故もなく無事に終了することができ、選手・応援およびスタッフの皆さまに感謝です。

また、今後も活気あふれる会社として、社内イベントも盛り上げて参ります。

山口ヤクルト「友の会」情報交換会

平成30年7月21日(土)、山口市小郡にある山口グランドホテルにて『平成30年 山口ヤクルト「友の会」情報交換会』を初めて開催しました。

 

この会は、“当社に在籍された皆さまに感謝する機会を持ち、これからの山口県の健康社会づくりを皆様と一緒に歩んでまいりたい”との想いのもと発足した山口ヤクルト「友の会」の会員さまの親睦を目的としたものです。

 

連日の猛暑が続く中でしたが、19名の会員の方にご参加いただき、有意義な時間を持つことが出来ました。



山口ヤクルトは、地域の皆さまの健康づくりにお役立ちし、山口県が健康県№1になる一助となるよう、これからも「友の会」の皆さまと力を合わせて頑張って参ります。

 

ページトップへ戻る