健康教室

最新記事

バックナンバー

会社からのお知らせ

ヤクルト400は20周年を迎えました!

平成31年1月11日、「ヤクルト400」はおかげさまで二十歳になりました。

これも、ご愛飲いただいているお客さまのおかげです。誠にありがとうございます。

 

発売20周年のこの機会に、ご愛飲いただいている方にも、まだご存じない方にも「ヤクルト400」について改めてご紹介したいと思います。

 




宅配専用の「ヤクルト400」は、生きて腸まで届き腸内環境を改善する乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)が1本(80ml)に400億個入った商品で、平成11年1月11日に、当時の「ヤクルト」(65ml)の約6倍※1乳酸菌 シロタ株が入った画期的な商品として発売されました。また、平成 11 6 月に「特定保健用食品」表示許可を取得しました。

 

※1)当時の「ヤクルト」の乳酸菌数は65億個でした。その後150億となり、現在は200億個に増えた「Newヤクルト」(平成25年11月4日発売~)になっているので、「ヤクルト400」は「Newヤクルト」の2倍の乳酸菌数となっています。

 

 

ちなみに・・・食べるヨーグルト「ソフール」(100g)と比べると40倍※2の乳酸菌 シロタ株が入っています。

※2)「ソフール」は乳酸菌 シロタ株が10億個以上入った特定保健用食品のヨーグルトです。

 

 



乳酸菌 シロタ株は、ヤクルトが世界に誇るプロバイオティクス※3です。胃酸や胆汁などの消化液に対する耐性も優れていて、様々なヒト試験データがあります。また平成24年には、米国のGRAS認証も取得※4しており安全性が保証されています。

 

※3)十分量を摂取したときに宿主に有益な効果を与える生きた微生物。もしくは、それを含む食品(乳酸菌飲料やヨーグルト)を表す言葉です。

 

※4)米国の食品安全に関する独自の認証制度です。GRASと認証された物質は厳格な審査により安全性が保証されている食品、または食品成分として、米国のみならず国際的に広く認められています。

 





そんなすごいプロバイオティクスが1本に400億個も入っている「ヤクルト400」は、大変優れた製品と言えるでしょう。

 

当たり前のことですが、摂取する生きた乳酸菌数が多いほど腸内に生きて届く数が多くなります。生きた乳酸菌は体外に排出されるまでの間に腸内環境に働きかけ続けます。

 

 



そうそう、シリーズ品として平成22年9月1日から青いラベルの「ヤクルト400LT」(エルティ)も発売されています。松坂桃李さんのTVCMでもおなじみですよね。

 

こちらは、赤いラベルのヤクルト400と比べカロリーを30%カットしたライトタイプ(Light Type)となっていて、甘さも控えめです。嗜好に合わせてお選び下さい。

 

 



20年の間に私たちの生活はいろいろと変化してきましたが、「健康でありたい」という願いは昔も今も変わらない未来永劫のものですよね。

「ヤクルト400」は、これからも皆様の健康維持にお役立ちしてまいりますので、末永くご愛飲いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

「ヤクルト400特設サイト ヤクルト400愛され続けて20年」へ

 

ページトップへ戻る