健康教室

最新記事

バックナンバー

会社からのお知らせ

263名が認知症サポーター養成講座を受講!

2018年10月11日、山口市名田島の山口南総合センターにて、ヤクルトレディと社員263名が参加し認知症サポーター養成講座を受講しました。

これは、毎年開催している従事者のための研修「絆づくり研修会」の中で実施したものです。



ちなみに、認知症サポーターとは、認知症サポーター養成講座を受けた人のことで、講座を通じて認知症の正しい知識やつきあい方を理解し、自分のできる範囲で認知症の人を応援します。

認知症サポーターは認知症を支援する「目印」として、オレンジリングをつけています。



講師として、済生会山口地域ケアセンター養護老人ホーム福寿園の磯本智恵施設長にお越しいただき、認知症の種類や基本的な症状などをお話しいただきました。



認知症は誰もがなる可能性のある症状ですが、生活習慣や食事、運動などの生活習慣で予防ができたり、発症を遅らせることができるようです。また、早期発見から早期治療へつなることができれば、進行を緩やかにすることもできるようです。

 


また、福寿園の職員さんが、認知症の高齢者やそのご家族、ヤクルトレディに扮した寸劇もありました。



超高齢社会になった現在、私たちのような宅配事業者にとって、認知症についての正しい知識を理解し、偏見を持たず、温かい目で見守り、いざという時に適切な対応ができるということは、とても大切なことだと実感できました。

 



上の写真は、認知症サポーター養成講座の前に行われた、お客様との対応をより良くするためのロールプレイング(練習)ですが、

この様なロールプレイングは各センターで日々実施しています。

今回学んだ、認知症サポーターのポイントも取り入れて、今後実施して参ります。

 


山口ヤクルトでは、ヤクルトレディを中心に認知症サポーターを増やす活動をしていますが、今回の受講で認知症サポーターの数は119人増えて308人となりました。今後は常時300人超の態勢が保てるようにしていきます。

 

私たちの使命は「健康社会づくり」です。まだまだ、努力を重ねる必要がありますが、乳酸菌での健康づくりとともに、一企業市民として、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる社会に少しでもお役に立てるよう頑張ります!

KRY山口放送「ナビすた!」の収録がありました!


9月20日、周南市にある周南中央・周南西の両センターで、KRY山口放送の情報番組「ナビすた!」の収録がありました。



ヤクルトレディのお仕事についてご紹介する内容です。実際に働いているヤクルトレディの声が聴けますよ。



放送日は、2018年9月29日(土)の10:20~10:30です。

お仕事をお探しの方やヤクルトレディのお仕事に興味がある方は、ぜひチャンネルを合わせてご覧下さいね~。

 

山口ヤクルト健康フォーラムを開催しました!

平成30年9月8日(土)に、下関市民館において「おいでませ!ヤクルト腸活倶楽部~おいしく食べて笑ってチョーいきいき~」を開催しました。



今回の健康フォーラムは、下関市内の5センターのお客さまにご案内し、約350名のお客さまにご来場いただきました。

開会では、長谷川社長と担当のヤクルトレディでお客様をお出迎えしました。



前半は、料理研究家の浜内千波先生による講演で、「食卓からはじまる健やかな暮らし」と題して、健やかに過ごすための食事のアドバイスや乳酸菌の有用性について、わかりやすくお話しいただきました。



そしてスペシャルコーナーとして、1日に1kg以上の野菜を食べられるという浜内先生の1週間の献立の紹介や来場者からの質問にお答えいただきました。



後半はゲストステージとして、落語家の林家木久蔵師匠の軽快なトークに会場は大盛り上がりでした。



お父さんの木久扇師匠や笑点メンバーの話から、免疫や脳科学の話、はたまたご自身の学生時代の野球部の話など、多岐にわたる内容でしたが、どのエピソードも爆笑もので終始大きな笑い声が聞こえていました。お客様はさぞ免疫が上がったことと思います。



最後はグルメカタログがあたるお楽しみ抽選会。ヤクルトマンも登場し、とても盛り上がっていました。



来場者からは、「非常に有意義な時間を過ごすことができた」や「勉強になりました」「今後もヤクルト商品を愛飲していきたい」などのお声をたくさんいただきました。

たくさんの方にご来場いただきまして、本当にありがとうございました!



今回の健康フォーラムが皆さまの健康で楽しい生活づくりにお役にたてましたら幸いです

山口ヤクルトは、これからもお客さまに健康と幸せをお届けするためにスタッフ一同一丸となりがんばりますので、どうぞよろしくお願いします。

 

山口ヤクルトスポーツ大会

平成30年8月4日(土)、山口市の維新公園内のスポーツ文化センターにて、

「第2回 山口ヤクルトスポーツ大会」を開催しました。



競技はソフトバレーボールです。

ヤクルトレディチームが14チーム、社員チームが2チーム参加し、

全16チームで予選リーグ後(総当たり戦)、決勝トーナメントを行いました。

どのチームも優勝を目指して、熱戦を繰り広げました。



優勝は、長門センターのチーム「長門ブラック」でした。

2連覇おめでとうございます☆!!



今大会も、怪我・事故もなく無事に終了することができ、選手・応援およびスタッフの皆さまに感謝です。

また、今後も活気あふれる会社として、社内イベントも盛り上げて参ります。

山口ヤクルト「友の会」情報交換会

平成30年7月21日(土)、山口市小郡にある山口グランドホテルにて『平成30年 山口ヤクルト「友の会」情報交換会』を初めて開催しました。

 

この会は、“当社に在籍された皆さまに感謝する機会を持ち、これからの山口県の健康社会づくりを皆様と一緒に歩んでまいりたい”との想いのもと発足した山口ヤクルト「友の会」の会員さまの親睦を目的としたものです。

 

連日の猛暑が続く中でしたが、19名の会員の方にご参加いただき、有意義な時間を持つことが出来ました。



山口ヤクルトは、地域の皆さまの健康づくりにお役立ちし、山口県が健康県№1になる一助となるよう、これからも「友の会」の皆さまと力を合わせて頑張って参ります。

 

「第2回 日本サービス大賞」における経済産業大臣賞受賞

 公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会が主催する「日本サービス大賞」は、国内全てのサービス事業者を対象に、多種多様なサービスを共通の尺度で評価し、優れたサービスを表彰する制度で、第1回は平成28年6月に表彰が行われました。

 この度、「第2回 日本サービス大賞」において、国内392件の応募の中から、ヤクルトグループの「ヤクルトレディ」による宅配サービスが、その独自性と海外での広がりが評価され、経済産業大臣賞を受賞しました。



■受賞内容
   表彰名:第2回 日本サービス大賞 経済産業大臣賞
   サービス名:健康を手から手へ 世界に広がるヤクルトレディ

■受賞理由
 (1)表彰対象サービス
    「ヤクルトレディ」は国内外で8万人超が活躍。日本発の宅配型サービスを

       モデル化し、多くの国で導入。
 

 (2)評価のポイント
    日本で始まったヤクルトレディの「手から手へ」のお届けの仕組みにより、

       健康に寄与する乳酸菌飲料をお届けするビジネスモデルが多くの国と地域に

       広がっていること。また、女性の社会進出や地域社会への貢献が評価されました。
   

 <以下、主催者側のリリースによる「評価のポイント」>
   ・ヤクルトは現在38の国と地域に展開し、1日約4,000万本の乳製品愛飲数の

       4分の3は海外で占める。
   

     ・直接手渡しの強みを活かし、お客さまとのコミュニケーションや健康情報の提供、

       地域の見守りまで含めたサービスを提供。
   

     ・社会の変化に対応しながら女性の社会進出・活躍にも貢献してきた、時代も国境も

       こえて親しまれる宅配サービスである。




日本サービス大賞の詳細については、日本サービス大賞のホームページを参照して下さい。

【URL】http://service-award.jp/

 

ヤクルトレディによる防犯・交通安全広報開始式

6月28日(木)に下関市の長府警察署にて、ヤクルトレディによる防犯・交通安全広報開始式がありました。

 

これは、私たち山口ヤクルトが地域貢献の一環として、長府警察署と連携し、ヤクルトレディによる防犯・交通安全広報を実施するものです。

具体的には、ヤクルトディが一般家庭や事業所を訪問する際、長府警察署が提供する防犯・交通安全広報資料を活用し、口コミによる広報を実施します。

 

当日は、山口ヤクルトの長府センターからは、木村さん、田中さん。小月センターからは、高田さん、村藤さんの計4人が参加しました。



ヤクルトレディ代表として木村さんが署長に向けて、元気よく宣誓しました。



長府警察署 署長からの、防犯・交通安全広報資料の贈呈がありました。



開始式終了後に署長を囲んでの懇談会がありました。

ヤクルトレディの日々の活動に興味を示されておられました。



毎日新聞社からの取材もありました。

木村さん、少し緊張されていました。



J:COMさんからも取材があり、今回の意気込みを質問されました。

”お届けを通して、地域の方々により一層の安全を実感していただきたい”という想いをお伝えしました。



最後に参加者全員で記念写真です。

これからも、私たちヤクルトレディは、警察署と連携して、地域の皆様方が、安全で安心して暮らすことのできる町づくりに貢献していきます。


ページトップへ戻る