健康教室

最新記事

バックナンバー

お客様とヤクルトレディ

乳酸菌飲料とヨーグルトはどう違うの?

お客さまからヤクルトレディが良く受ける質問のひとつに、「乳酸菌飲料とヨーグルトは何が違うのか?」というものがあります。たしかにどちらも乳酸菌が入っている乳製品ですし、飲むタイプのヨーグルトもあって違いが分かりにくいですよね!

 





そこで、今回はこの疑問にお答えします。



大まかに違いをいうと、無視乳固形分といって牛乳から水分と脂肪分を除いた成分(タンパク質、糖質、ミネラルなど)の量と乳酸菌数が違います



乳酸菌飲料は、大正時代にヤクルトの創始者である医学博士の代田稔によって生み出された発酵飲料です

 

現在では「乳等省令」という法律によって、無脂乳固形分が3%未満で菌数が1ml当り100万以上のものを「乳酸菌飲料」、無脂乳固形分が3%以上で、菌数が1ml当り1000万以上のものを「乳製品乳酸菌飲料」と定められています

 

また、乳酸菌が生きているタイプと殺菌されたタイプがあります。殺菌タイプは、発酵後加熱殺菌して保存性を高めたもので、そのまま飲むものと薄めて飲むものがあります。ヤクルト製品の「Newヤクルト」や「ヤクルト400」、「BF-1」などは乳製品乳酸菌で生菌タイプとなります。

 





 

一方、ヨーグルトは「発酵乳」です。「発酵乳」とは、「乳(牛乳、水牛乳、山牛乳、緬羊乳、馬乳など)またはこれと同等以上の無脂乳固形分を含む乳等を乳酸菌又は酵母で発酵させ、糊状又は液状にしたもの又はこれらを凍結したもの」と定められています。

 

ヤクルトの製品で言うと、ジョアやミルミル(飲むタイプのヨーグルト)やソフールが発酵乳にあたります。

 


 

「乳等省令」では、発酵乳の無脂乳固形分は8%以上、菌数が1ml当り1000万以上となっています。しかし、菌数に関して、「発酵後に75℃以上で15分間加熱するか、またはこれと同等以上の殺菌効果を有する方法で殺菌したものは、この限りではない」とも定められており、発酵したあとに殺菌した殺菌済み発酵乳というものもあります。

 

そして、「飲むタイプのヨーグルト」ですが、通常のヨーグルトを撹拌して液状にしたものなので、成分はヨーグルトとほぼ同じです。

 





 

ヨーグルトの方が無脂乳固形分が多く栄養素が豊富ですが、(ヤクルト製品の場合は)乳製品乳酸菌飲料の方が乳酸菌数が多いです

 

例えば、乳酸菌 シロタ株の生菌数ですが、ジョア(125ml)には12.5億個、ソフール(100g)には10億個入っています(1ml当り1000万の生菌数という乳等省令の規格のとおりですね

 

ところが、Newヤクルト(65ml)には200億個、ヤクルト400(80ml)には400億個も入っています。これは、Newヤクルトで乳等省令の規格の約31倍、ヤクルト400では、なんと50倍もの量になりますまた、ビフィズス菌(B.ブレーベ・ヤクルト株)が入っている発酵乳(飲むタイプのヨーグルト)のミルミルとミルミルS(100ml)ですが、こちらも生菌数が120億個と規格の12倍も入っています

 

 



ですので、ヤクルト製品の場合、生きた乳酸菌やビフィズス菌をたくさん摂ろうという方には「ヤクルト400」や「ミルミル」など、牛乳の栄養素であるたんぱく質やカルシウム、生きた乳酸菌をバランスよく摂りたいという方には「ジョア」や「ソフール」などがお勧めです

 

ちなみに、「Newヤクルト」や「ヤクルト400」、「ジョアプレーン」、「ソフール」シリーズは、どれも生きたまま腸内に到達する乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)の働きで、良い菌を増やし悪い菌を減らして、腸内の環境を改善し、おなかの調子を整える特定保健用食品となっています。どれも許可表示の記述は全く同じですが、菌数が多い方が、得られる保健効果は高くなる傾向にあります。



食品ですので、味の好みやで選んでいただいても全く問題ないのですが、乳酸菌をたくさん摂ろうとヨーグルトを選んでいる方や、なんとなくで乳酸菌を摂っているという方は、改めて商品の表示を見直してみてはいかがでしょうか。



 

お客さまを対象とした工作教室を実施


2015年8月、山口市にある宅配センター、「山口中央センター」、「山口平川センター」、「小郡センター」の3か所で、夏休み工作教室を開催しました これは、お客さまの日頃のご愛顧に対する感謝の気持ちを表すとともに、お客さまへのお役立ちになればと思い実施したものです。


 


3センター合わせて総勢85人ものお客さまにご参加いただきました 工作に夢中の子どもたち。夏休みの宿題の役に立つといいなぁ


 


お母さまはハンドマッサージで日頃の疲れを癒してもらいました


 


ミニ健康教室も開催しましたよ~また、試飲コーナーも好評でした


 


なんと、小郡センターには、燕太郎が登場記念写真をパチリ


 


お客さまとヤクルトレディさんさんの心が触れ合った有意義な時間となりました


ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました



4課新生!なう

 
 
 
 
 
クローバー通信 号外     
 
 H26.4.26 4課キャプテン会
 
みなさんこんにちは
 
 新年度に入り、やっとあわただしさも落ち着いた本日、
 三隅営業所でキャプテン会を開催しました
 
 「キャプテンって?…」
 
 キャプテンとは、
 常日頃の言動も素晴らしく、
 仲間の信頼も厚い
 YLリーダーさんのことを指します。
 
 今回、萩・美東・長門エリアで
 キャプテンを1名ずつ増員しました
 
 「どうしてなの?」
 
 それは…
 
本気で!みんなで!よくなろう!
と思ったからです。
 
会社の想いに共感してくれる人を一人でも多く増やしたい。
ひとりでも多くの人の健康のお役に立ちたい!
そして、全員がヤクルトが大好き!になってほしい!
共感しあう、助け合う、刺激しあい、向上しあえる仲間になりたい!
みんなの夢をかなえたい!
 
たくさんの夢?を実現するために、
4課スタッフとキャプテンがまず想いを
一つにするために…です!(^^)!
 
社員はYLさんのお役に立つ
 
YLさんはお客さまのお役に立つ
 
みんなが一生懸命頑張りましょう!
善いサイクルがきっと回りだします。
だから、お互いに尊重しあい、
良いことを認め合い、
協力し合い、
良くなっていくはず( ^)o(^ )
 
わくわくします。
きっと想いは伝わったはず
 
C_3
 
Photo_8
 
C
 
今回のメインは社員・キャプテンさんのコミットメント
 
真剣です。
お互いに
しっかり聞かせていただきます。
 
Photo_4
 
本日の、キャプテン会は新生4課の第1歩
4課全体が一つになります。
熱い想いが満ち溢れたチームになります。
力を合わせて頑張ります
  
         4課 スタッフ一同 O
         (鬼課長Sがいなくなりました( ;∀;))

『私なりの感謝』

私がヤクルトに入った理由・・・

それは、保育園に行かせるより安いから。

ただそれだけの理由で営業みたいな仕事に就いた事のない私は、

知人の紹介でヤクルトに入りました。

入って直ぐ研修があり、ヤクルトについて勉強するにつれて

段々と興味が湧いてきました。

そして、センターに出勤する様になると興味がやる気に変わってきました。

最初は覚える事が沢山あり、家に帰っても家事に集中出来ず、

全てが疎かになってしまい家族には迷惑を掛けたと思います。

でも毎日センターの入口に立ち「おはようございます。」と声を出すと、

みんながとても元気に返してくれて、その日一日を楽しく過ごせる様になり、

仕事と家事の両立ができる様になりました。

家族にも友人にも毎日楽しそうやねと言われ、笑シワが増えたねと言われ(笑)

何よりも一番の楽しみは、託児所に子供達をお迎えに行った時の、

子供達の満面の笑みで走り寄って来た二人を抱きしめる事です。

”たまりません。”

今日も一日頑張ったぞーって実感できる瞬間です。

お届けを始めてもう直ぐ二年になる私。

二年前の私とは色んな意味で変わったと思っています。

お届け地区の皆様には、とても良くして頂き、相談を受けたり悩みを聞いてもらったり、

家族の様に接してくれる方もいらっしゃいます。

出合いもあれば別れもあり、私の事を孫の様に相手してくれたおじいちゃん。

大好きでした。

会う日を楽しみにしてくれていて、たわいもない会話で泣いたり笑ったり、

楽しい想い出をありがとうございます。忘れません。

そして、子供達。いつも笑顔をありがとう。

そして、ダンナ様。立派なYLになれる日を楽しみにしてて下さい。

そして、いつも三回以上は爆笑させてくれる仲間達。ありがとう。

そして、いつも笑顔で見守ってくれてるマネージャー。ありがとうございます。?

これからもずっと私たちのマネージャーでいて下さいネ。

  宝町センター Nさん

 

『遠くの仲間にありがとう』

長女が親元を離れ大学入学したての頃、ホームシックになり、

「帰りたい」と毎日思っていた時、

夕方、見かけるYLさんは、重そうにショルダーを肩から下げ、

汗を拭きながら歩く姿は、母親の私と重なり、

自分も泣いてないで頑張ろうと思ったそうです。

所属センターも名前も分からないですが、

あの時のYLさん”ありがとうございました。”

あなたの頑張っている姿に娘はホームシックを乗り越え、

元気に通っております。

宇部西部センター  Eさん

 

『感謝』

下関に来て38年。

誰一人知りあいもなく駅を降りた時は、泣いていました。

子供が一歳半になった時、ふとした事からヤクルトをする事になり、

おしゃべりが好きな方なので直ぐにお客さまとも仲良くなり、

ヤクルトを通して健康にも気を付けるようになり、お客さまにも腸の大切さを話しました。

でも長くなると、私を初めとして、みんな年を重ねていく内に、杖をついたり、

病気をされるお客さまが増えて寂しく思います。

でも私の声を聞いて「元気になるよ」って言って下さるお客さまが多いので嬉しいです。

この度、体調を崩して、お客さまの前だけは、元気にしているつもりでも分かるらしく、

心配して下さり、その時、早く元気になって、お客さまに心配させないようにしなくては

と思いました。

会社の仲間やお客さまも良い方ばかりで、楽しい毎日を過ごしています。

ヤクルトの仕事をしいて沢山のお客さまや仲間が出来た事に感謝しています。

 上田中センター kさん

『一人暮らしのおばあちゃん』

一人暮らしのおばあちゃん。

年齢のせいもあって、物忘れもひどく、いつも財布を捜してたり、

人が分からなかったりと、

でも、私が訪ねると覚えてくれてて「ヤクルトさんね。」と嬉しそうに。

七夕に差し上げた「お体に気を付けて下さいね。」とメッセージを入れた短冊を

今でも飾ってくれていて

「あなたがくれたよね。私のお守りなんよ。買い物にも出られんし、

持って来てもらえるからヤクルトも飲めるし、こうして元気にいられる。

ありがとね。これからも宜しくね。」と言われ、とても嬉しかったです。

おばあちゃん いつまでもお元気でいて下さいね。

防府西センター  Iさん

ページトップへ戻る