健康教室

最新記事

バックナンバー

乳酸菌研究所

乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取でアレルギー症状を改善

今年も、花粉が気になる季節が近づいてまいりましたね~(憂鬱)



 

花粉症で早めの対策をしたいという方に、今回、ヤクルト中央研究所が保有する乳酸菌「ラクトバチルス プランタルム YIT0132」を含む発酵果汁飲料の飲用試験結果をご紹介します!

 



「L. プランタルム YIT0132」は、ヤクルト中央研究所が東北の漬物から分離した乳酸菌です。

 

 

この乳酸菌は、果汁でもはっ酵性が良く、はっ酵させた柑橘類の果汁を含む飲料を用いたヒト試験の結果で、スギ花粉症、通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎の患者に対して抗アレルギー作用を示すことが確認されているんですよ!!

 

 

スギ花粉の軽減についての試験結果がこちらです。



 

花粉症等のアレルギー疾患は、バランスの良い食事や、睡眠、ストレス解消等が大切ですが、手軽に摂取できる果汁飲料で、症状やQOL(生活の質)が改善できれるのであれば大変嬉しいですよね!

 

 






 

さらに詳しく知りたい方は、下記ヤクルト本社ニュースリリースのリンクでご確認下さい。

 

■「乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取が スギ花粉症患者の花粉症飛散時期の症状悪化を抑制」(2014)

■「乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取が アトピー性皮膚炎症状を改善」(2015)

■「乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取が 通年性アレルギー性鼻炎症状を改善」(2016)

 

ページトップへ戻る