健康教室

最新記事

バックナンバー

乳酸菌研究所

乳酸菌「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」の継続飲用でスポーツ選手の風邪を予防

 今年も寒い冬が近づいてきましたが、誰しも風邪などで体調を崩したくないですよね。

ということで、2011年1月に発表された風邪予防のお話を改めてご紹介します。

 

 実は、「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」が入った乳酸菌飲料の継続飲用は、粘膜免疫を良好な状態に保ち、風邪の予防に役立つことが証明されているんですよ。



乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)

 

 


 継続的に激しい運動をするスポーツ選手は、免疫の低下により風邪などを引きやすいことが知られています。

 

 そこで、イギリスのラフバラ大学で、自転車部、トライアスロン部、陸上部(中長距離走)、水泳部等に所属する運動選手84名を対象に、「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」を含む乳酸菌飲料の飲用試験を実施しました。

 

 その結果、上気道感染症(いわゆる風邪)の発症率が低減する効果が確認されたんです。

 

 試験期間中、上気道感染症状が1週間以上続いた被験者の割合は、「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」を含む乳酸菌飲料飲用群(66%)が、プラセボ飲用群(90%)よりも有意に低かったんですよ!

 

 その効果の要因のひとつは、“IgA抗体量が良好な状態に保たれたことに起因するものと考えられる”とのことです。IgAは唾液や気道粘液に含まれ、ウイルスなどの感染を防ぐために重要な役割を果たす抗体なんですよ。

 



 身近で手ごろな乳酸菌飲料で風邪予防ができるなんて!!声を大にして言いたい~!!

 

 もっと詳しい内容を知りたい方は、ぜひ、こちらのヤクルト本社のニュースリリース『乳酸菌「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」の継続飲用でスポーツ選手の風邪を予防』をご覧ください。それではまた!

 

ページトップへ戻る