健康教室

最新記事

バックナンバー

乳酸菌研究所

【追記あり】乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取に新情報! 過剰なアレルギー反応を制御する免疫細胞の減少を抑制

乳酸菌「ラクトバチルス プランタルム YIT 0132」を含む発酵果汁飲料(以下、乳酸菌発酵果汁飲料)の継続摂取に関する新情報です。

 




以前、乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取で確認されていた「スギ花粉症症状を軽減する」作用の仕組みが、一部解明されました! なんと、過剰なアレルギー反応を制御する免疫細胞である「制御性T細胞」が減るのを抑えるのだそうです!

 

「制御性T細胞(Treg)」(以下、Treg)は、自己免疫、アレルギーおよび過剰な炎症反応などを制御する免疫細胞なので、免疫恒常性の維持に重要な役割を果たしています。


 





 実際に、試験の結果として以下の3点が示されています。

 

① 乳酸菌発酵果汁飲料を継続摂取したグループ(以下、乳酸菌発酵果汁飲料群)は、乳酸菌 LP0132 を含まない果汁飲料を継続摂取したグループ(以下、プラセボ群)と比較して花粉飛散時初期のスギ花粉症症状が有意に軽減された

 

② プラセボ群では摂取期間中にTregが有意に減少した。一方、乳酸菌発酵果汁飲料群ではプラセボ群に比べてTregの割合が有意に高値を示し、Tregの減少を抑制した

 



③ 乳酸菌発酵果汁飲料群の中で、摂取前に比べて摂取期間中にTregが増加した被験者群では、 Tregが減少した被験者群に比べて鼻症状(鼻づまり、鼻水、くしゃみ)が軽減した



ちなみに、乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取では、「スギ花粉症症状を軽減する」ことの他に、「軽度のアトピー性皮膚炎患者の症状を軽減する」こと、「軽度の通年性アレルギー性鼻炎患者の症状を軽減する」ことが確認されています。




スギ花粉症や軽度のアトピー性皮膚炎、軽度の通年性アレルギー鼻炎でお悩みの方は、ぜひ一度、「乳酸菌 LP0132を含む乳酸菌発酵果汁飲料」を生活の質の改善にお役立てください。

 

詳しい内容は、ヤクルト本社のニュースリリースでご確認ください(クリックで移動)

 


 

【2020.3.10追記】乳酸菌発酵果汁飲料の“花粉症の症状を軽減する”研究成果をアニメーションでわかりやすく解説した動画が、YouTube「株式会社ヤクルト本社公式チャンネル」にて公開されています(約230秒)

 

URL : https://www.youtube.com/channel/UCzK0CSJ6CFk2t2ci2vWZu7A

 

ページトップへ戻る