健康教室

最新記事

バックナンバー

お知らせ

『感動した事』

私はお陰さまで、自分の地元をお届け区域として活動していますが、普及をしていても皆さん顔見知りのせいか、熱心に私の話に耳を傾けて下さいます。

 

その上で、お試しキャンペーンを始めて頂いていますし、体調の変化等も自らお話して下さいます。

 

「まだ便が硬いけど毎日出るのよ」とか「待ってたよ。貴女にプレティオのお陰で血圧が少し下がったと言ってあげようと思って」など。

 

色々な嬉しい言葉が聞ける度にまた、お客さまから元気をもらって頑張ろうと言う意欲が湧いてきます。

 

地元のせいか、口コミでヤクルトの評判も上がってきて、お客さま自身から「ヤクルトは身体に良いんだってね。家に届けてくれる?」と

 

言う言葉を掛けられる事もあります。

 

そんなお客さまに、毎日飲用、継続飲用と言い続けて1年が経とうとしていますが、殆どのお客さまがヤクルトの毎日飲用に心掛けてくれています。

 

ご年配の方が多い地区ですが、“長寿村”を目指してヤクルトの普及を続けて行こうと思います。

 

お客さまに「ありがとう」と言って頂けるお仕事が出来る事が感動だと思いました。

 

 

周南中央センター Sさん

オープン!! その①


さて、この写真は何でしょう???
Photo_9
もちろん良く分りませんよね。

実は山口ヤクルト初の双子センターなんです

周南市の2つのセンターを思い切ってひとつのセンターにしてしまいました。

ただし、ひとつの建物といっても、「双子センター」なんです。

左側に「周南西センター」↓            
Photo_11

右側に「周南中央センター」↓
Photo_10
といった具合に双子さんです。

そしてこのセンターの中間には↓
Photo_12
モニターが付いてるんです。
上の壁にスピーカーが付いているのが分かるでしょうか?

地域の皆さんのお役に立つ情報をたくさん流していきたいと考えています。
お近くを通った時にはぜひお立ち寄りくださ~い。

ここは周南市今宿、周南市の皆さんにヤクルトレディのとびっきりの笑顔を添えてお届けしま~す。
Yl



1年研修会


4月16日(土)に山口南総合センターにて1年研修会を行いました。

1年研修会とは、ヤクルトレディになって1年が経過した方を対象として、
北は萩・長門、東は周南、西は下関の各地区から集合していただき、
ご自身の1年間の成果や課題を振り返り、各地区の同じヤクルトレディとの
交流を持ち、いろいろな気付きを感じていただく場としています。

会場全体の様子↓
1
ヤクルト400のジャンパーが一堂に会すと、雰囲気も締まりますね。

ディスカッションの様子↓
Photo
はじめましての方も多いはずなのですが、同じ1年ということで親近感もわき、活発な意見交換が行われました。
さすが毎日お客さまとお話を楽しんでいるヤクルトレディさんといったところですね。

最後は決意表明です。
Photo_2
今後の目標について熱い思いで語っていただきました。

当社では、このような研修会をとてもとても重要視していますし、頻繁に実施しています。
また、いろいろな研修会のご紹介をしていきますね。



キャプテン!!


キャプテンといえば、何を連想しますか?私の近くの席の男女1名づつ聞いたところ、「翼」、「ハーロック」という回答でした。ちなみに私は「ジャックスパロウ」です。
大体の年齢がわかってしまいますね(笑)。

当社でキャプテンといえば、実は各センター(お店)で運営をお手伝いしてくれる班長さんをさします。ヤクルトレディのお手本として、またよき理解者、協力者としてお客さまの健康づくりのお手伝いをしていただく方たちです。

そんなキャプテンとの親交を深めるため、また心を一つにするため「キャプテンミーティング」を行いました。

最初に社長講和とヤクルト400ペンの贈呈。
Photo

ペンをもらってにっこり。
Photo_2

そして、ディスカッション。今回は「仲良くなる」をテーマに行われました。
Photo_3 2
いろいろなセンターの取り組みや活動にみんな興味津津。
和やかな雰囲気の中にも、自分たちもがんばろうの意気込みを感じました。

最後にお楽しみのお弁当。
Photo_4

なんとなくですが、お弁当の時間よりもみんなで議論している方が楽しそうに見えます。
ほんとにお客さま想いのキャプテンばかりです。
この想いが、会社全体に広がっていくように私も見習わないければと思わされた会となりました。



『YLT13』

今まで私は、誕生日や記念日にお祝いしてもらうのは、当たり前だし、ましてや、何かしてあげた時にお礼を言ってもらうのは当然だと思っていましたが、

 

そんな私の考えを変えてくれたのは、ある女性たちとの出会いでした。

 

センターの誰かの誕生日には、本人には内緒で、どうしたら喜ぶかを皆で話し合ってお祝いしたり、退店する人にも“お疲れさま”の気持ちを込めたメッセージを

 

贈ったりと、いかに相手が喜ぶかを考えるんです。

 

“どうしてそこまでするの?”

 

そんな私の質問に、“私がしたいから。私が喜ぶ顔見たいから”とある女性が言いました。

 

してもらうのが当たり前だった私は、ちょっとしたカルチャーショック。

 

してあげるのではなく、してあげたい気持ち。

 

だから、あんな笑顔になるんだと言う事を恥ずかしながら30歳をいくつか過ぎて知りました。

 

それからは、私も相手の喜ぶ顔が快感に。

 

こんな超気持ちいい気持を教えてくれたYLT13(ヤクルトレディ東部サーティーン)に出会えた事は、私の一生の宝となりました。

 

私は、YLT13の一員である事を誇りに思うし、彼女達に出会わせてくれた神様に感謝です。

 

 

   宇部東部センター  Iさん

 

 

『思いやり』

私のお客さまで91歳のとても元気なおばあちゃんが居ます。

 

もう20年以上も続けてヤクルトをご愛飲頂いています。

 

先日、私は、バイクでお届け途中に転倒し、病院での診察に時間がかかり、普段は朝10時のお届けのお家が随分と遅くなり、夕方のお届となりました。

 

私の痛々しい姿を見るなり、「どうしたの?何度もお家に電話したけど出ないし、センターに電話してみると、少し遅くなると言っていたし。貴女は、いつも決まった

 

時間にきちんとお届けする人なので、何かあったのでは?と心配してたのよ!あんなに私が事故に遭わないよう気を付けて走りなさいよと言っていたのに。」と・・・。

 

私の身体の事を自分の娘の様に本気で気に掛けて、涙声で言って下さいました。

 

私の事を大切に思ってくれるお母さんみたいなお客さまが居ると思うと、一日でも早く元気になって、笑顔でお届けしなければと思いました。

 

おばあちゃんパワーをもらって、今日も元気で頑張ります。

 

優しい言葉を掛けて頂き、ありがとうございます。

 

 

 

彦島センター Gさん

 

 

 

 

お呼ばれしました。


5月18日(水)に下関市環境部庁舎で行われた緑のカーテンの苗の植え付イベントにお呼ばれしました。

実は4年前から、緑のカーテン事業のご協力をさせていただいておりまして、その御縁でご案内を受けました。

庁舎に行ってみると、近くのひえだ幼稚園の園児が14名、その他多くの報道陣の姿。。。Imgp3447

なんと、下関市より記者発表もされているイベントだったんです\(◎o◎)/!

まずはひえだ幼稚園園児によるゴーヤの植え付け。
手を泥んこにしながら頑張る姿。それを撮影するカメラマン。Imgp3399

植え付けの後は水やりです。
Imgp3412

そして、がんばった園児たちに私たちからプレゼント。
ヤクルト400とエコ定規です。おいしそうに飲んでくれていますよ
Imgp3438

そして最後に記念撮影です。
Imgp3427

んっ、男の子が手に何か持っていますねぇ。
なんでしょうか????
Imgp3415

なんとなんと、職員の方が作ってくれたプレートです。
「YAKULT」の文字がしっかり、そして、ご愛飲の皆さんの表示まで・・・。
サプライズを仕掛けられた気分です。
職員の皆さんありがとです!!

このプレートは、この緑のカーテンのネットにかけて下さってます。
庁舎にお越しの際はぜひのぞいてみてくださいね。



ページトップへ戻る