健康教室

最新記事

バックナンバー

地域貢献

山口大学附属病院のNST研修会に講師を派遣

10月25日(金)、宇部市にある山口大学附属病院にて「山口大学附属病院 NST研修会」が開催され、山口ヤクルトからヤクルト本社中央研究所の講師を派遣しました。

 

NSTとは栄養サポートチーム(Nutrition Support Team)の略語で、病院が入院患者さんに最良の栄養療法を提供するために、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、言語聴覚士など職種を越えて構成された医療チームのことです。



当日は、医療現場で活用されているプロバイオティクス(宿主に有益に働く生きた菌やそれを含む食品)の活用事例について「乳酸菌最新研究~腸内フローラと健康~」と題して講演しました。

 

乳酸菌の基本的なはたらきや腸内細菌と人の健康との関わり、腸内フローラ解析やシンバイオティクス(‟プロバイオティクス”と‟オリゴ糖や食物繊維等の良い菌を増やす食品成分”を一緒に摂取すること)に関して、最新の臨床試験データやエビデンス(科学的根拠)に基づいてお伝えしました。

 

山口ヤクルトでは、今後も乳酸菌の可能性および必要性を伝える活動を通して、地域社会の健康づくりに貢献していきます。

 

ページトップへ戻る